お客様のクオリティオブライフ(人生の質)の追求と
快適な生活全般のサポートをする企業を目指しています。

オカコー薬品の配置薬…

配置販売は江戸時代・元禄年間に始まった、世界に類を見ない日本独自の医薬販売方法です。 近代化された現代も、信用を第一とする配置販売の精神は今日も受け継がれ皆様の信頼を得ています。

配置薬

オカコー薬品の配置薬システム

  • お客様にお渡しする薬箱は、箱代・保証金とも一切頂きません。
  • ご利用頂いた薬代のみお支払頂きます。ご利用になられていない場合は、一切、料金は頂きません。
  • 2〜3ヶ月に一度、オカコー薬品の健康アドバイザーがお伺いし、健康・お薬に関するご相談をお受け致します。
  • 薬箱が必要なくなりましたら、ご用命によりお引取り致します。

配置薬ご利用までの流れ

営業マンは「都道府県知事の許可」を受け、許可証を携帯しています。
初期費用は無料。箱代・前金・保証金は一切頂きません。
料金はお使いいただいた分だけのお支払です。(後払い方式)
救急箱と伝統の富山の薬をあなたの町の営業マンがお届けします。
定期的にご訪問するのでお薬はいつも新鮮。不要なお薬は無料で交換します。
健康食品なども充実、お客様の健康状態に合わせアドバイスします。

配置薬の歴史

配置販売は世界に類を見ない、日本独自の医薬販売方法です。
配置薬の歴史は江戸時代・元禄年間に始まったと言われています。
それは、江戸城で起きた小さな出来事がきっかけでした。
今の福島県の殿様が、突然激しい腹痛に苦しみだし、 そこに居合わせた富山藩(現在の富山県の一部)の殿様がいつも印籠(いんろう)に 入れて持ち歩いていた薬を取り出し与えると、たちまち痛みはおさまりました。
それを見ていた諸国の殿様は薬(反魂丹:はんごんたん)の効き目の確かさに驚き、 自分たちの国でも反魂丹を売り広めてくれと富山藩の殿様にお願いしたそうです。
越中富山の反魂丹の評判は高まり、富山藩では薬の販売を全国 に広めていきました。
これが、300年の歴史を持つ配置家庭薬販売業の始まりとされています。
富山藩から始まった配置販売が現在でも沢山の方から信頼を受けているのは、 富山藩の政策のすばらしさにあった点です。
それは、薬を販売する人は誰でもよいというわけではなく藩の中から信頼の置ける人を厳選したこと、 また薬の生産も厳選した人だけに任せ品質を落とすことのないよう厳格に取り締まったことです。
あくまでも信用を第一にしたことです。
今日でも配置販売こそ近代化されましたが、 信用を第一とする富山藩の配置販売の精神は今でも受け継がれ皆様の信頼を得ているのです。

オカコー薬品の配置薬に関する疑問、ご要望、お問い合わせなど ございましたら、 下記のフォーム、もしくは、フリーダイヤル 0120-22-6001までお気軽にご連絡下さい。
フリーダイヤル 0120-22-6001

TOPへ戻る